MeeT VERY | VERYの「もっと知りたい」「これやってみたい」を体験!

2017.4.19 (Wed)

パンチの効いた水族館、あります。

こんばんは、MeeT VERYスタッフのセキシロです。

水族館、好きですか?
わたしは好きです。大好きです!

基本的には、何度訪れても飽きないものですが
時たま開催される夜間展示とか、
いつもの水族館がちょっと違って見えるのって
大人も子どももワクワクしますよね。

ちょっとどころか、だいぶ毛色を変えてきたのが
サンシャイン水族館の特別展である
《もうどくてん2》

ちょっとポップなエイ
『ポルカドットスティングレイ』

見た目のインパクトもさることながら
展示されている約25種類の生き物すべてが
なんらかの毒を持っているという
思いきったコンセプトの展示なんです。

これ!前にテレビで子どもと一緒に見たなぁ。
皮膚から強い毒を分泌する
『チョウセンスズガエル』

「こわいけど…こわいから、もっと見たい」

図鑑やTVで思わず釘付けになってしまうのって
実は、そんな毒や変わった習性をもった
生き物だったりしませんか?笑

サンシャイン水族館 特別展
「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛(もうどく展2)」

【期間】3月16日(木)〜 6月25日(日)
【時間】10:00〜20:00
【場所】ワールドインポートマートビル
屋上(水族館 特別展会場)
※開催情報詳細は上記LINKをご確認下さい

今、生体展示はちょっとお休み中のようですが
かなり気になったのが
『スカンクの刺激臭を再現したものを体験できる』
という体験コーナーの展示。

スカンクの習性については
何度も図鑑やTVなどで見かけては
「どんなにおいなんだろう」
「人が嗅いだら、倒れちゃうかな」
と親子で何度も話していたはずのそれが
いよいよここで、体験できるらしいんです。

ぜひ、行ってみたい!!

かわいいけれど、実はリクガメで唯一、
毒を持っている『ミツユビハコガメ』も。

きっと、いつもの水族館では
味わえない体験ができそうです。
ご興味のある方はぜひ。

また、楽しいイベントを見つけたら
トピックスでご紹介します!